ハワイホノルル時差日本計算方法や時差ボケ対策はオールと爆睡


ハワイホノルルとの時差を簡単に計算する方法や時差ボケについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

はじめてハワイ旅行を計画する時の準備として、時差についてもしっかり把握しておくことをおすすめします。

私もはじめてのハワイの時は、時差が心配で、機内の過ごし方を迷いました。

ハワイ旅行計画の中で、はじめての方は日本との時差について以下のような悩みも多いです。

ハワイホノルル時差ぼけになりにくい発着時間は何時だろう?

ハワイホノルル時差でお得に楽しめる出発時間は?

ハワイホノルル時差日本に連絡するには何時が理想?

時差は、日本への連絡等も含めて時差ボケ以外にも悩みが多い1つとなっています。

私のサイトは、数回のハワイ旅行体験から、少しでもはじめてのハワイや女性へのお土産、コスメ、ブランド財布や衣類の価格、持ち物、服装等を幅広くお届けしています。

サイト管理人パパです。

この記事では、ハワイホノルル時差日本計算する方法を含めて、私のハワイ旅行体験記から、以下の内容をご紹介しています。

ハワイと日本の時差は夜出国はオール状態!

ハワイと日本の時差は帰りはすぐ夜が来る生活

少しでもはじめてのハワイ旅行準備の予備式として参考にして下さい。

スポンサーリンク

ハワイと日本の時差計算方法はじめての方におすすめ

ハワイ日本時差計算方法

スポンサーリンク

ハワイと日本の時差を出発時も帰りも非常に簡単に計算する方法を体験記からご紹介していきます。

日本とハワイの時差計算方法(日本出発時)

ハワイという場所は、日付変更線を超える事から、同じような海外旅行のイメージを持ちやすいグアムと大きく違ってきます。

日本から旅立つ場合は、

日本時間-5時間ハワイの現時刻目安。

実際に、

日本を夜10時位に中部国際空港から出発したら、

日本発(日本時間) 22時05分発
ホノルル着 出国日の10:25分着

このように、

夜出発の便に乗ると、その出発した日の朝につくのが、時差です。

11月旅行体験記では、11月20日夜に出発して、11月20日朝のホノルルに着

このような時差が発生します。

つまりは、

初日はほぼオール状態での1日目がスタートするわけです。

では帰りを見ていきます。

 

ハワイと日本の時差は帰りはすぐ夜が来る生活

ハワイ時差日本への帰国は爆睡

ハワイと日本の時差を考えた生活をしていく中で、次は帰りについての時差体験をご紹介していきます。

ハワイ発が午前便なら帰りは爆睡モード

私が体験したハワイ旅行記2015では、帰りの便は午前発で帰国しました。

帰国出発時間と到着時間は以下のようになっています。

出国時間(ハワイ) 11月25日11時台フライト
到着時間(日本) 11月26日16時から17時台で到着

このように、出発直前には、朝を迎えて、移動時間、税関などを通過して、到着後にはすぐ夕飯という時間で到着します。

実質的に国内で生活していた場合、昼過ぎには、夜を迎えてまた寝る生活。

ですから、

ハワイと日本の時差から行きはオール状態、帰りは、爆睡状態であると言えます。

しかし、

飛行機自体をビジネスクラス利用で行かれる方の場合、あの窮屈感から寝られる環境で幸せを感じると思います。

この時間差を上手に活用する方法については、

ハワイとの時差を日本と時差ボケにしない方法旅行体験記

でご紹介していきますので、合わせてじっくりご覧ください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

スポンサーリンク

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ